Introduction

どんな家族でも、やっぱり愛おしい。
おかしくもほろ苦く 切なくもあたたかい フランス流家族ドラマ
夏のある日、フランス南西部の美しく豊かな自然に囲まれた邸宅で、母アンドレアの70歳の誕生日祝いが開かれようとしていた。だが行方不明だった長女の突然の帰郷が、誕生会を大混乱へ導いていく。思い出の家をめぐる問題や複雑な親子関係、それぞれが抱える過去や秘密が次々に暴かれ、激しく感情をぶつけあう家族。幸福なはずの一日はどんな終わりを迎えるのか…? 過激で強烈、でもどこかユーモラスなフランス流家族のめくるめく大騒動。愛するからこそ衝突する——母と娘、そして家族が織りなす人間模様は、国や世代を超え、やがて普遍的な愛の物語をつくりだす。
大女優カトリーヌ・ドヌーヴ×俳優&監督セドリック・カーン
フランスを代表する豪華キャストが勢ぞろい!
国民的女優カトリーヌ・ドヌーヴ(『真実』)が、問題だらけの家族を優しく見守る母親アンドレア役を、たしかな演技力と類稀な存在感で演じる。トラブルメーカーの長女クレール役は、監督としても活躍するエマニュエル・ベルコ(『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』)。芸術家肌の次男ロマン役は、個性派俳優ヴァンサン・マケーニュ(『冬時間のパリ』)。そしてしっかり者だが融通のきかない長男ヴァンサンを、本作の監督セドリック・カーンが自ら演じる。『COLD WAR あの歌、2つの心』『おとなの恋の測り方』など数々の名作に出演してきたカーンだが、自作への出演はこれが初となる。また小説家として日本でも人気の高いレティシア・コロンバニ、期待の新人ルアナ・バイラミらも出演。フランスを代表する名優たちが奏でる見事なアンサンブルが、おかしくも愛しい家族の一日を豪華に彩る。演技の饗宴ともいうべき素晴らしき俳優映画が誕生した。

Story

70歳になるアンドレアは、夫のジャン、孫娘のエマとフランス南西部の邸宅で穏やかに暮らしている。そこへ、母の誕生日を祝うため、しっかり者の長男ヴァンサンと妻のマリーが二人の息子を、そして映画監督志望の次男ロマンは恋人ロジータを連れてやってくる。家族が揃い、楽しい宴が催されようとしたそのとき、3年前に姿を消した長女クレールが帰ってくる。アンドレアは娘をあたたかく迎え入れるが、他の家族は突然のことに戸惑いを隠せない。案の定、情緒不安定なクレールが大きな火種となり、家族に嵐を巻き起こす。それぞれの思いはすれ違い、やがて混乱の一夜が幕を開ける――。  

Cast Profile

カトリーヌ・ドヌーヴ
CATHERINE DENEUVE
1943年10月22日、フランス・パリ生まれ。63年『悪徳の栄え』(ロジェ・ヴァディム監督)で主演デビュー。第17回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作『シェルブールの雨傘』(ジャック・ドゥミ監督)で一躍国際的スターの座に。代表作の『反撥』は第15回ベルリン国際映画祭で銀熊・審査員特別賞、『昼顔』はヴェネチア国際映画祭でサン・マルコ金獅子賞を受賞。ほか『終電車』でセザール主演女優賞、『ヴァンドーム広場』でヴェネチア映画祭最優秀女優賞を受賞するなど、数々の賞に輝く。これまでの出演作は100本以上に及び、名実ともに世界的大女優として君臨する。
〔主な出演作品〕
1963
『シェルブールの雨傘』(ジャック・ドゥミ)
1965
『反撥』(ロマン・ポランスキー)
1966
『創造物』(アニエス・ヴァルダ)
1967
『ロシュフォールの恋人たち』(ジャック・ドゥミ)
1968
『昼顔』(ルイス・ブニュエル)
1969
『別離』(アラン・カヴァリエ)
『哀しみのトリスターナ』(ルイス・ブニュエル)
1970
『暗くなるまでこの恋を』(フランソワ・トリュフォー)
1971
『ロバと王女』(ジャック・ドゥミ)
1972
『哀しみの終るとき』(ナディーヌ・トランティニャン)
1974
『リスボン特急』(ジャン=ピエール・メルヴィル)
1975
『赤いブーツの女』(ホアン・ルイス・ブニュエル)
1976
『うず潮』(ジャン=ポール・ラプノー)
1977
『愛よもう一度』(クロード・ルルーシュ)
1980
『終電車』(フランソワ・トリュフォー)
1981
『ジュ・ヴ・ゼーム』(クロード・ベリ)
1983
『海辺のホテルにて』(アンドレ・テシネ)
1988
『夜を殺した女』(アンドレ・テシネ)
1991
『夜のめぐり逢い』(フランソワ・デュペイロン)
1992
『インドシナ』(レジス・ヴァルニエ)
1994
『私の好きな季節』(アンドレ・テシネ)
1995
『メフィストの誘い』(マノエル・ド・オリヴェイラ)
1996
『夜の子供たち』(アンドレ・テシネ)
1998
『ヴァンドーム広場』(ニコール・ガルシア)
1999
『犯罪の系譜』(ラウル・ルイス)
『ポーラX』(レオス・カラックス)
2000
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(ラース・フォン・トリアー)
2001
『家路』(マノエル・ド・オリヴェイラ)
『8人の女たち』(フランソワ・オゾン)
2004
『逢いたくて』 (トニー・マーシャル)
『永遠の語らい』(マノエル・ド・オリヴェイラ)
2005
『ストーン・カウンシル』(ギヨーム・ニクルー)
2006
『輝ける女たち』(ティエリー・クリファ)
2007
『クリスマス・ストーリー』(アルノー・デプレシャン)
『ベルセポリス』(マルジャン・サトラピ&ヴァンサン・パロノー)
2009
『しあわせの雨傘』(フランソワ・オゾン)
2010
『愛のあしあと』(クリストフ・オノレ)
2013
『ミス・ブルターニュの恋』(エマニュエル・ベルコ)
2014
『愛しすぎた男 37年の疑惑』(アンドレ・テシネ)
2015
『神様メール』(ジャコ・ヴァン・ドルマル)
『太陽のめざめ』(エマニュエル・ベルコ)
2016
『女神よ、銃を撃て』(ティエリー・クリファ)
2017
『ルージュの手紙』(マルタン・プロヴォスト)
2019
『アンティークの祝祭』(ジュリー・ベルトゥチェリ)
『見えない太陽』(アンドレ・テシネ)
『真実』(是枝裕和)
エマニュエル・ベルコ
EMMANUELLE BERCOT
1967年11月6日、フランス・パリ生まれ。監督&主演作『なぜ彼女は愛しすぎたのか』が第54回カンヌ国際映画祭ある視点部門に、『ミス・ブルターニュの恋』が第63回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に正式出品される。第68回カンヌ国際映画祭で監督作『太陽のめざめ』がオープニング上映、主演作『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』で女優賞を受賞。
〔主な出演作品〕
1990
『RAGAZZI(原題)』 (ママ・ケイタ)
1993
『ÉTAT DES LIEUX(原題)』 (ジャン=フランソワ・リシェ)
1996
『LA DIVINE POURSUITE(原題) 』 (ミシェル・ドヴィル)
1997
『ニコラ』 (クロード・ミレール)
1998
『今日から始まる』(ベルトラン・タヴェルニエ)
2001
『彼女はなぜ愛しすぎたのか』
2003
『いつか会える』(ブノワ・ジャコ)
2004
『17歳の夏』(クリストフ・アリ&ニコラ・ボニラウリ)
2009
『君のいないサマーデイズ』(ギョーム・カネ)
2010
『パリ警視庁:未成年保護部隊』(マイウェン)
2012
『ターニング・タイド 希望の海』(クリストフ・オーファンスタン) 
2014
『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』(マイウェン)
2018
『バハールの涙』(エバ・ユッソン)
2019
『スクールズ・アウト』(セバスチャン・マルニエ)
〔主な監督作品〕
1998
『少女』 ※中編 
2001
『彼女はなぜ愛しすぎたのか』
2005
『Backstage』
2008
『太陽のめざめ』
2011
『プレイヤー』
2012
『ミス・ブルターニュの恋』
2016
『150ミリグラム ある女医の告発』
ヴァンサン・マケーニュ
VINCENT MACAIGNE
1978年10月19日、フランス・パリ生まれ。フランス国立高等演劇学校を卒業し、俳優、そして映画監督・舞台演出家としても活動。2013年ギヨーム・ブラックの初長編監督映画『やさしい人』で主演を務める。同年開催の第66回カンヌ国際映画祭では『ソルフェリーノの戦い』『7月14日の娘』『メニルモンタン 2つの秋と3つの冬』の出演作3本が上映。
〔主な出演作品〕
2001
『彼女たちの時間』(カトリーヌ・コルシニ)
2009
『戦争について』(ベルトラン・ボネロ)
2011
『遭難者』(ギョーム・ブラック)
『灼熱の肌』(フィリップ・ガレル)
『女っ気なし』(ギョーム・ブラック)
2013
『7月14日の娘』(アントナン・ペレジャトコ)
『ソルフェリーノの戦い』(ジュスティーヌ・トリエ)
『メニルモンタン 2つの秋と3つの冬』(セバスチャン・ベベデール)
『やさしい人』 (ギョーム・ブラック)
『悲哀クラブ』(ヴァンサン・マリエット)
2014
『EDEN/エデン』(ミア・ハンセン=ラヴ)
2015
『夜明けの祈り』(アンヌ・フォンテーヌ)
『DES NOUVELLES DE LA PLANÈTE MARS(原題)』(ドミニク・モル)
『ふたりの友人』 (ルイ・ガレル)
『ジャングルの掟』(アントナン・ペレジャトコ)
2016
『セラヴィ! 』(エリック・トレダノ&オリビエ・ナカシュ)
2017
『マルヴィン、あるいは素晴らしい教育』(アンヌ・フォンテーヌ)
2018
『CHIEN(原題)』(サミュエル・ベンシェトリ)
2019
『白雪姫~あなたが知らないグリム童話~』 (アンヌ・フォンテーヌ)
『冬時間のパリ』 (オリヴィエ・アサイヤス)
〔主な監督作品〕
2012
『私たちに残されるもの』 ※短編
2017
『POUR LE RECOUNFORT(原題)』

Staff Profile

監督・脚本:セドリック・カーン
CÉDRIC KAHN
1966年6月17日生まれ。フランス出身の映画監督・脚本家・俳優。パリ高等映画学院で学び、92年に映画監督デビュー。長編初監督作である『鉄道バー』をヴェネチア国際映画祭に出品、2作目の『幸せ過ぎて』でジャン・ヴィゴ賞およびカンヌ国際映画祭ジュネス賞を受賞。また『ロベルト・スッコ』が第54回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に、『The Prayer』は第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に正式出品されている。
〔主な監督作品〕
1992
『鉄道バー』 
1994
『幸せ過ぎて』
1998
『倦怠』
2001
『ロベルト・スッコ』
2004
『赤信号』
2005
『チャーリーとパパの飛行機』
2009
『リグレット』
2012
『よりよき人生』
2014
『ワイルド・ライフ』
2018
『The Prayer』
〔主な出演作品〕
2012
『ALYAH(原題)』(エリー・ワジェマン)
2013
『パリ、恋の診察室』(アクセル・ロペール)
2015
『アナーキスト 愛と革命の時代』 (エリー・ワジェマン)
2016
『L’ÉCONOMIE DU COUPLE(原題)』(ヨアヒム・ラフォス)
『おとなの恋の測り方』 (ローラン・ティラール)
2018
『COLD WAR あの歌、2つの心』(パヴェウ・パヴリコフスキ)